スルメの出汁の取り方と3つのポイントとスルメの足を使って取る理由

スルメの出汁完成

スルメで出汁をとると、おいしいだしが取れます。
出汁には、香ばしさとともに、イカメシを食べているような魚介の味がします。

しかも、だしを取ったスルメもそのまま料理に利用できて一石二鳥。

 一部地域では雑煮に利用されています。
また、味噌汁や、鍋、雑炊や炊き込みご飯、最近では、ラーメンに使われることもあります。

余ったスルメがあったり、硬くてスルメが食べられないなど、お手元にスルメがあったら是非試してみてください。

1.スルメの出汁の取り方

1-1.準備するもの

  • 水:1000cc
    ※1時間弱火にかけるので、取れる出汁は400cc位になります。(目安:お味噌汁1杯200cc)
  • スルメ 細切り:10~12本程度(約30g)
    ※分量は目安です。スルメの味をしっかり出したければ量を増やします。

スルメの出汁-準備するもの

1-2.スルメを細切りにする

スルメを繊維に沿って12cm位の細切りにします。
繊維に沿って切った方がより旨味がでます。
足の場合は、一本ずつにします。

【ポイント:繊維に沿って細切りにします】

スルメを切る

1-3.スルメを常温の水に1時間つける

スルメを常温の水に1時間つけます。

スルメは、最初の1時間にアミノ酸が多く出ます。その後は、ゆっくりと出て、3時間を過ぎると減少します。また、長い時間つけるとスルメの特臭が強くなります。
1時間くらいがベストです。

【ポイント:水につけるのは1時間程度。長い時間つけない】 

スルメを水につける

 ここまでで、おいしいスルメの出汁がでます。

さらに、旨味を引き出すために、もうひと手間!
火にかけます。

1-41時間、加熱する

水につけたスルメを1時間、弱火で加熱します。
旨味成分は、1時間で、ほとんど溶け出します。
短い時間では、旨味が出し切れませんので、じっくり待ちましょう。

1時間30分ですべて出し尽くして、それ以上では大差がありません。

【ポイント:1時間、加熱するとさらに旨味が引き出される】

スルメの出汁完成

 完成です。

2.スルメ出汁が利用される料理

スルメ出汁は、石川県の「加賀雑煮」や熊本・博多・佐賀・岡山などの一部でも作られています。

また、味噌汁や、鍋、雑炊や炊き込みご飯、最近では、ラーメンに使われることもあります。

 鍋や、雑炊、炊き込みご飯に利用する場合は、料理の過程で、加熱するので、1時間ほど水につけた後、そのまま利用すると便利です。

 一番のおすすめは、炊き込みご飯です。
ごはんにイカの旨味がでて、とってもおいしいからです。

炊飯ジャーに、お米と食べやすい大きさに切ったスルメ・醤油・お酒を入れて、一時間位水につけた後に、ジャーのスイッチを押すだけです。
1
時間の加熱は、炊飯ジャーが、あなたの代わりにやってくれるので簡単です。

スルメ出汁の炊き込みご飯

ぜひ、料理に使ってみてください。

3. スルメの足で出汁を取るべき理由

 出汁を取った時に、一番美味しいと感じられるのは「足」です。

部位別で出汁を取った時に、アミノ酸が一番抽出されるのは、ヒレ、ついで足でした。
ただし、ヒレは、濃厚すぎることと、いか特有の臭いが強いので、味覚テストで1位になれませんでした。

味覚テストで一番おいしいとされたのは、58%で「足」でした。

どの部位を使っても出汁がでますので、好み等でうまく使い分けてください。

参考資料:家政学雑誌 Vol.9 No.1(1958)  煮出汁の研究(第3報)

4.さいごに

スルメの出汁は、ご当地のお出汁として、利用されてきました。
アミノ酸たっぷりの旨味のある出汁が取れます。

お鍋を煮るとき、炊き込みご飯を作るときなど、是非料理に活用してみてください!

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!