和食の配膳はもう迷わない。ごはんとみそ汁の位置 3つのルール

配膳とは食事を食卓に並べることをいいます。和食ではご飯は左手前、汁ものは右手前と決まっています。

いつから定着したの?どうしてなのかな?逆じゃいけないの?それには日本では「左優位」という伝統があることに由来し、右利きの人が食べやすい形であることから浸透しました。主だったもの、つまり主食であるご飯は必ず食べる人から見て、左側に置くのが正しい作法です。

ユネスコの無形文化遺産にも登録され、世界が注目する和食の配膳についてていねいに説明していきます。

1. 主食(ご飯)は左側に置く

配膳の原則は

  • ご飯は左がわ
  • 汁物はご飯の右側
  • 主菜は主食の右奥

この3つさえ守れば、問題ありません。

主食はお膳の左に置きましょう。その右側に汁物。箸は手前に箸先を左側に向けておくのが、原則です。

 

1-1 ご飯と汁物の正しい置き方

和食では主食であるご飯は左手前にに置きます。汁物はその右横と決まっています。和食献立の作法では汁ものはご飯とセットとして必ず供されるものです。おかずの数が多くても少なくてもこの配置は変わりません。

下図は和食の基本形である一汁三菜(いちじゅうさんさい)を例にとりました。

ちなみに一汁三菜とは

ごはん:主食

汁もの:みそ汁・お吸い物

主菜:メインのおかず。主に肉や魚料理、卵、大豆を主材料

副菜2点:野菜を中心とするおかず

会席料理のようにお膳にご飯と汁物だけ配膳される場合も、シンプルに「一汁一菜」の時も同様にするのが和食の原則です。

 

1-2 麺料理の場合

主食が左側の原則に従い、どんぶりまたはそばざるを左側に置きます。麺料理の場合主食は「麺」です。単品の場合はこの限りではありませんが、漬け汁もしくは漬物などの副菜は右側または右奥に置きます。例えば、てんぷらそばの場合はそばが左側に、主菜の天ぷらは斜め右になります。

 

 

 

 

 

 

 

2. ご飯が左側に置かれるようになったその理由

ご飯が食べる人の左側に置かれるようになったのは二つの理由があります。一つは「左優位」の伝統。もう一つは「右利き」が優先される慣習です。

2-1 本膳料理と「左優位」という伝統

「ご飯をお膳の左側に置く」という作法が定まったのは室町時代の「本膳料理」からです。「本膳料理」は当時の武家社会の饗応の料理として始まりました。格式を重んじしきたりを大切にしており、ここで正式に定められたのが、「ご飯をお膳の左側に置く」というルールです。

                ≪本膳料理の並べ方≫

さらにいえばこの作法は「神道」の「左優位」の伝統から発生したと思われます。神道における「左優位」とは、たとえば、神主がおはらいをするときの動作は「左・右・左」と振ります。また主たるもの,尊いものは左側に置く慣例があります。

主食であるお米は古くから日本人にとってとても大切なものであるからこそ、左側に置く配膳されることが定着しました。

現在では本来の「本膳料理」は一般的ではありませんが、ご飯は食べる人から見て左側に置くという作法は広く浸透しています。

 

2-2 配膳は右利きの人が基準

もう一つの理由は右利きの人はご飯を左に置いたほうが食べやすいからです。

和食の正しいいただき方は最初に汁を飲んでからご飯を食べ、次におかずをいただきまたご飯を食べる。というようにご飯を主体に食事をすすめるのが正しい食べ方と言われています。

その場合お箸を右側に持つのなら、ご飯茶碗は左側に置いたほうがお茶碗の上げ下ろしはスムーズで見た目も美しい所作になります。

 

右利きが圧倒的に多い点から、ご飯は左側に置きご飯と対になる汁ものはその右側に置く形式が正しい配膳ルールとして定着しました。

3.さいごに

和食の配膳は「ご飯は左側に置く」のが基本であることをご理解いただけたでしょうか。お箸を右手で持つのならば、左手にお茶碗を置くのが人の動きとして無理はありません。また、お茶碗を置く場合もし仮に右に置こうとすると、左側の食器に触れたりします。汁椀にさわってこぼしたりしたらめんどうですよね。では、左利きの人はどうしたらよいでしょうか。

飲食店ではお客様の利き手がどちらかはわからないため、すべて基本の配膳で食器を並べます。そのため不自由を感じる、左利きの方は場合によってはご自分でご飯茶碗と汁椀を入れ替えてもかまいません。

そもそも配膳は食事をする人がおいしく、楽しい気持ちになるような食卓を整えるためのルールです。作法にしばられることなく、基本を踏まえて楽しいひと時を過ごしましょう。

 

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!