宗田節の読み方から他の節の仲間たちの呼び名まで、5分で簡単解説。

「宗田節」?なんて読めばいいのか、読み方がわかりづらいですね。「そうだぶし」とお読みください。

このそうだぶしは鰹節の仲間です。出汁用の原料として評価が高く、お蕎麦の出汁用には欠かせない節なんです。

「鰹節」は良く耳にしますが、確かに宗田節は聞きなれないかもしれません。スーパーの販売コーナーに行っても、宗田節として単品の商品は見かけることはなく、混合することで各々の特徴を発揮できる黒子的な存在ですが、その働きは非常に大きいんです。この記事では、そんな宗田節の種類、特徴を紹介しながら、他にも節になる仲間たちを紹介していきます。

1.そうだぶし(宗田節)の読み方

「宗田節」とは、“そうだぶし”とお読みください。

“そうだかつお”と言うさかなからつくられた節(ふし)のことです。

別名、目近節(めじかぶし)とも呼ばれています。目と口が近いことからその呼び名があります。

  ソウダガツオ(マルソウダ)

 

割宗田節
割宗田節 (わりそうだぶし):あらぶし
枯宗田節
枯宗田節 (かれそうだぶし):かれぶし

このように荒節と枯れ節の2種類の節となり、両者をあわせて「そうだぶし」と呼ばれています。

そうだがつお(めじか)は時期による呼び方に違いがあります。日本の四季で分類した呼び名をご紹介します。

もっと詳しく取り上げています。https://washoku-no-umami.jp/souda

このように時期の違いによる特徴で、宗田節の種類を分けることがあります。それが荒節と枯れ節です。それらの呼び方も色々とありますのでお話しいたします。

2.そうだぶしの各種類とそれぞれの読み方

 

そうだぶしには、荒節(あらぶし)と枯れ節(かれぶし)があります。この両者の読み方を説明します。

2-1 荒節(あらぶし)・・・裸節(はだかぶし)とも呼ばれます。

 丸宗田節(まるそうだぶし)

 割宗田節(わりそうだぶし)

2-2 枯れ節(かれぶし)

 枯れ宗田節(かれそうだぶし)

この枯れ節とは、荒節に“かび付け”(水分を抜く効果)をして、節を枯らしたものです。旨み成分が凝縮されるかび付けの効果です。脂肪分を分解する効果もあります。“かび付宗田節(かびつきそうだぶし)”とも呼ばれます。

3.その他、節になる仲間たちの読み方

 

ここまでは宗田節のお話しをしてきましたが、宗田節以外にも、節(ふし)になるさかな達、仲間がいます。

その仲間たちをご紹介していきます。

◆鮪節:マグロブシ

かつお漁の時、同じ網に掛ったマグロを使い、鰹節と同じように焙乾して荒節となります。

◆鰹節:カツオブシ

鰹節となるさかなです。宗田節と同じく、荒節と枯れ節の2種類に分類されます。

鰹荒節(かつおあらぶし)と鰹枯れ節(かつおかれぶし)になります。

◆鯖節:サバブシ

ゴマサバと言われる種類です。鰹節同様に、焙乾してサバ節となり、こちらも枯れ節の生産があります。

一般的に、サバ節はかび付けしていないものを指し、枯れさば節、或はかび付さば節の2種類に分類されます。

 

◆むろあじ節:ムロアジブシ、又はムロブシ、アジブシ 

サバとほぼ同サイズを使い、荒節にします。

◆あご煮干し:アゴニボシ、焼きあご:ヤキアゴ

主に九州、山陰地方で水揚げされ、あご煮干し、焼きあご に加工されます。

その名の通り、煮て、干したものを指します。

◆宗田節:ソウダブシ

カツオに似たさかなですが、節は分類されています。

荒節と枯れ節の種類があり、用途による使い分けをします。

◆煮干しいわし:ニボシイワシ

いわゆる“煮干し”になるさかなです。

 マイワシ:

 ウルメイワシ:

 カタクチイワシ

 

煮干しとなるさかなですが、スーパー等でよく見る“煮干し”とはこのカタクチイワシです。

出汁感は特徴があり、少しえぐみを感じる傾向にありますが、人気の煮干しです。

参考までに、北海道のサケを節にしたサケ節、東北地方ではサメ節、鶏を使ったトリ節もあり、かなり異色のものも使われています。

4.まとめ

この記事は宗田節:ソウダブシ、又はメジカブシ、その呼び名に始まり、荒節(裸節)、枯れ節の種類別の読み方もお話ししました。宗田節以外、他の仲間たちの呼び名もおわかりいただけたでしょうか。

宗田節をさらに詳しくお知りになりたい場合、他の記事もご紹介しました。今後のお役に立てるよう是非ご参考にしてください。