グルタミン酸ナトリウム症候群の真実!その詳細を正直に公開

「グルタミン酸ナトリウム症候群」という病名を聞いたことありますか?

 これはどのような症状でしょうか?

 「グルタミン酸ナトリウム症候群」は1960年代にアメリカにおいて、中華料理店でワンタンスープを一時的に大量摂取した客から、頭痛、吐き気、めまい、胸痛などを感じるとの苦情が寄せられた事件が発端になり取り上げられた病名です。

  当時は大量のグルタミン酸ナトリウム(MSG)摂取が原因であろうと考えられため、「グルタミン酸ナトリウム症候群」という名称がつけられました。発症が中華料理店の食事に関係するため、「中華料理店症候群」ともいわれています。

 しかし、現在ではさまざまな研究の結果により、グルタミン酸ナトリウムの摂取と「グルタミン酸ナトリウム症候群」の関係は否定されています。

 つまり「グルタミン酸ナトリウム症候群」はグルタミン酸ナトリウムの摂取が原因とは言えないのです。

 それでは、詳細を見てみましょう。

1、グルタミン酸ナトリウム症候群とは

 グルタミン酸ナトリウム症候群(MSGSC)は、中華料理店症候群(CRS)の別名です。

 中華料理店症候群は、中華料理を食べてから15~30分後に始まり、一時的に頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感などのような症状が多くみられ、これらの症例によって「中華料理店症候群」と付けられました。当時はこの症状の原因を、調味料として使われた「グルタミン酸ナトリウム(MSG)を大量に摂取したこと」としていました。また、「中華料理店症候群」がグルタミン酸に対して過敏体質の人の、アレルギー反応であることも報告されました。

 原因として注目された「グルタミン酸ナトリウム」は、食品添加物の一種で、料理を美味しくするために使う調味料です。アメリカの中華料理店で多量に使用され、それが原因で発症することが多かったため、「グルタミン酸ナトリウム症候群」として知られるようになりました。

 しかし、その後、二重盲検法(*1)による臨床試験において、「中華料理店症候群」はグルタミン酸ナトリウムの摂取による関連性が認められませんでした。FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA, Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives)( *2)も、同じような結論をだし、「十分に管理された二重盲検法による交叉試験では、グルタミン酸ナトリウム症候群はグルタミン酸ナトリウムの摂取には明確な関係は認められない」との見解を示しました。

 *1二重盲検法とは、薬の効果を客観的に評価するための方法です。効果を判定しようとする薬と、偽薬または対  照薬を被検者に任意で与え、また効果を判断する医師にもいずれの薬であるかを伏せて使用させる試験です。

 *2 JECFAは国際連合食糧農業機関(FAO)および世界保健機関(WHO)下にある科学専門家委員会で、食品添加物や汚染物質、自然毒、動物用医薬品などの安全性評価を行い、コーデックス委員会やメンバー国に対して科学的な助言している組織です。

グルタミン酸ナトリウム症候群の症状には以下のようなものがあります。

  • 頭痛
  • 発汗
  • 皮膚の潮紅
  • しびれや口の中でヒリヒリする感覚
  • しびれや喉がヒリヒリするような感覚
  • 吐き気
  • 疲労  等

 

 これらの症状が一定の条件の中華料理を食べた後15分~30分前後に出ます。そしてその症状が2~3時間続き、その後治まります。

 また、一般的ではありませんが、似たような症状でグルタミン酸ナトリウムに対するアレルギー反応もあります。もし生命を脅かすような重篤な症状が出たのならば、緊急治療しなければなりません。

 重篤の症状とは、以下の通りです。

  • 胸の痛み
  • 速い心拍
  • 異常な心拍
  • 呼吸困難
  • 顔の腫れ
  • 喉の腫れ

 

 「グルタミン酸ナトリウム症候群」の発症前提は大量摂取です。従って、適量の摂取は問題ありません。

  では、事件の経緯を紹介します。

2、経緯

「グルタミン酸ナトリウム症候群」が広く知られるようになったきっかけは、1968年「Chinese restaurant syndrome(中華料理店症候群)」 として、権威ある医学雑誌である「Lancet」に Kwok R氏による論文が掲載されことが発端です。(Kwok R. Chinese-Restaurant Syndrome. N Engl J Med. 1968 Apr; 278(14):796.)

 中華料理を食べた後に頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感などのような症状のほか、後頭部の知覚麻痺、全身の脱力及び動悸、ふるえ、しびれなどのような症状がおきました。症例によって若干の違いはあるのですが、いずれも「2~3時間後に快復し、後遺症は残らない」との研究報告がありました。

2-1、実験について

 グルタミン酸ナトリウムの安全性に疑問を投げかけた論文の後、マウスにグルタミン酸ナトリウムを注射する研究と、マウスの餌にグルタミン酸ナトリウムを混ぜて食べさせる研究が多数行われました。

 マウスにグルタミン酸ナトリウムを注射する研究は、週齢の違うマウスの皮下に大量のグルタミン酸ナトリウムを注射して、どこに異常が出るかを徹底的に調べました。その結果、脳のある一部の神経に損傷が起こる事例が見受けられました。

 マウスの餌にグルタミン酸ナトリウムを混ぜて大量に食べさせる研究では、餌に対して10~20%のグルタミン酸ナトリウムをマウスに食べさせました。その結果、マウスの目にグルタミン酸ナトリウムが蓄積して、脳の損傷を引き起こす遠因となりました。

 これらの実験を通して、アメリカをはじめ世界中のマスコミは、「グルタミン酸ナトリウム症候群」を大々的に取り上げたので、グルタミン酸ナトリウムは体に悪いというイメージが広がりました。もちろん日本でも同様な報道が繰り返し行われました。

2-2、実験結果について

 しかし、このような実験条件について反論が出ました。そもそも、食品の安全性を検討するのに、なぜ「皮下注射」という方法をとるのかについて疑問が生じました。皮下に注射すると、グルタミン酸ナトリウムは全身を回る血管に入ります。つまり皮下注射は結果的には静脈注射と同じ効果をもたらします。例えば、リンゴなどに多量に含まれている塩化カリウムを注射すれば、動物はたちどころに死んでしまいますが、同じ量を口から摂取した場合には問題は起きません。注射で体内に注入することと食事で摂取するのでは、体に取り込まれる経路や量についてあまりにも条件が違い過ぎます。

 また、大量のグルタミン酸ナトリウムを餌に混ぜて食べさせることは、人間の食事の仕方とは一致性がありません。具体的な数字をあげてみます。私たちは1食で500gの食物を摂取します。その10%量とすると50g。通常の食事ではこのような多量のグルタミン酸ナトリウムを摂取しません。(50gはMサイズのたまご1個分相当のです。)

2-3、二重盲検法による実験結果の再確認

 更に、二重盲検法*1による臨床試験、及び疫学調査が各国で行われました。その結果、グルタミン酸ナトリウムによる原因があると疑われた症例でも、実際にはその原因をグルタミン酸ナトリウムに特定することができませんでした。グルタミン酸を加えた食品を食べでもグルタミン酸ナトリウム症候群と同じような症状が出ないこともあったのです。

 つまり、グルタミン酸ナトリウムは原因として特定されませんでした。

3、グルタミン酸ナトリウムの摂取は発症の原因ではありません

 現在、グルタミン酸ナトリウムの摂取が「グルタミン酸ナトリウム症候群」の原因とは、断定されていません。 

 事例1、「グルタミン酸ナトリウム症候群」になったことがある被験者にグルタミン酸ナトリウムを大量に含む食事を与えても症状が再現されず、グルタミン酸ナトリウムとグルタミン酸ナトリウム症候群の関係は証明できませんでした。(R.A. Kenney, Food Cham. Toxicol,24,351(1986))その後も追試が行われ,通常の料理に使う量では、人間に対する毒性が確認できませんでした。

 事例2、大量のグルタミン酸ナトリウムを摂取後に自覚された胸焼け、ふらつき、顔や肩のこわばり、胸痛等の症状は、グルタミン酸ナトリウムの摂取によってのみ引き起こされた症状ではないことが証明されました。実際、コーヒーや香辛料を加えたトマトジュースの摂取後にもこれらの症状がみられています。(R.A. Kenney,Lancet,1,311(1980)

 事例3、口から摂取したグルタミン酸ナトリウムは小腸で吸収されますが、その後、新たにたんぱく質になるべく腎臓及び肝臓にとどまります。全身にまわる血管はもちろんのこと、脳にも入りません。

 矛盾するようですが、実は私達は毎日の食事で、約20g分のグルタミン酸ナトリウムを体内に取り込んでいます。しかしそれらは食べ物のとして摂取した肉や魚及び大豆などのたんぱく質が分解されて生じたものです。たんぱく質が消化管で分解されると、遊離のグルタミン酸となります。消化管でたんぱく質の分解によって生じたグルタミン酸は、小腸から吸収されます。小腸から吸収されたグルタミン酸の95%以上は、体を作るたんぱく質に再合成されるべく消費されてしまいます。このため、グルタミン酸ナトリウムは全身を回る血管にほとんど入りません。したがって脳に入らないので、脳に損傷を起こしえないのです。

 事例4、「中華料理店症候群」の別名としての「グルタミン酸ナトリウム症候群」は、中華料理店で飲食後に見られた特異の症状については、次のような可能性が考えられます。

 料理面:

 1)、ヒスタミン中毒:中華料理及びその食材にヒスタミン含有量が高いものが多い

 2)、血中のナトリウム(食塩)濃度上昇:中華料理のナトリウム含有量が一般的高いため

 体質面:

 3)、ビタミンB6の不足:ビタミンB6を補足すると、いわゆるグルタミン酸ナトリウム症候群の発症が抑えられます。

 類似症状:

 4)、食道上部の刺激:いわゆるグルタミン酸ナトリウム症状は食道への刺激に由来する症状と類似しています。

 5)、アセチルコリン中毒症状との類似:アセチルコリンを誤飲してしまった場合にも頭痛、吐き気、多量発汗などの中毒症状が現れます。このような症状は「グルタミン酸ナトリウム症候群」の症状と類似しています。

 事例5、グルタミン酸ナトリウム中のグルタミン酸にも疑いました。その理由は、大量摂取及び投与するによって、「グルタミン酸ナトリウム症候群」や特発性慢性蕁麻疹(じんましん)等が誘発されたためです。これは、グルタミン酸の有害性として指摘されました。しかし、より適切に企画・実施した比較試験の結果、いずれも有害現象とグルタミンン酸の摂取との関係を否定する結果が得られました。

 実のところグルタミン酸は私達の体中に存在し、命の維持のためにも非常に重要な存在です。特に母乳には、昆布のだし汁の中に存在するグルタミン酸とほぼ同じ濃度のグルタミン酸が存在しています。つまり赤ちゃんは毎日高い濃度のグルタミン酸を摂取しているのです。しかし、母乳を飲んだ赤ちゃんに、グルタミン酸を大量摂取した後の、特有した症状は発生していません。

母乳と昆布だし 

 最後にひとつ注意していただきたいのは、体質によってはグルタミン酸ナトリウムに対して敏感に反応する人もいるという事です。グルタミン酸ナトリウムによる過敏反応であるかどうかを判断するには、医師による症状や食事摂取量及び内容の評価が必要です。特に胸痛や呼吸困難などの重度の症状が発生している場合は、アナフィラキシー(短時間のうちに、全身性のアレルギー症状が出る反応)症状かも知れないため、すぐに病院で診断を受けることが大切です。

まとめ:

 以上の通り、現実に即した研究結果では、グルタミン酸ナトリウムと「グルタミン酸ナトリウム症候群」の関連は繋がりませんでした。さらに言えば「グルタミン酸ナトリウム症候群」は、学術上では否定されています。 この結果に基づいて、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)は、食事を通じて摂取されたグルタミン酸は、人の健康を害することはないと判断しました。

「グルタミン酸ナトリウム」は料理をおいしくする便利な調味料です。「万能調味料」とも呼ばれ、実際には、「旨味調味料」として販売されています。旨味調味料に関してはうま味調味料とは?うま味調味料の正しい使い方」に説明しています。

 食生活を豊かにするために、グルタミン酸ナトリウムを正しく理解して適切に使いましょう。

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!