箸の数え方は「本・膳・組」!?シチュエーションごとの数え方

箸の数えかたって、「本・膳・組」どれが正しいの?

箸を数えるときにいろいろな単位を聞くたび、「あれ!?どうやって数えていたっけ・・・」と迷ってしまいますよね。

箸は一膳で数えることは知っているけど、本とか組で数えているのも聞いたことがあるけど・・・

ここでは、元板前で箸を触る機会が多かった私が、箸の数え方の違いとどうして数え方が違うのかに付いて、お話しさせていただきます。

1.箸の数え方

箸の数え方には、『膳・本・組・揃え・具』がありますが、箸の数え方は箸の種類や使用前後で変わります。

ここでは場面によって変わる箸の数え方をお話いたします。

食事を食べる箸は、“膳”で覚えておけば間違いありません。

また、食事以外で使用する箸は“組”で覚えておけば良いでしょう。

1-1 一膳で数えるとき

お箸を『膳(ぜん)』で数えるときは、食事をおこなうかどうかが重要になります。

食事をする際に使う箸2本を「一膳(いちぜん)」といいます。食事をおこなうかどうかとは“食べ物を口に運ぶために使う箸”とのことです。

1-2 一本で数えるとき

『本(ほん)』で数えるときは単体での箸になります。箸1本とは2本で一膳となる箸の片方だけを数えるときに使用します。また、割られていない割りばしや購入し袋に入った未使用の箸も1本と数えても問題ありません。

コンビニで「お箸は何本ご利用ですか?」と聞かれ、「1本お願いします。」と答えることは正しい箸の数え方と言えます。しかし、食事で使用する箸なので「一膳おねがいします。」と答えても間違いではありません。

未使用の割り箸は、『本・膳』で数えても問題ありません。

片方の箸だけを数えるときは、『本』で数えます。

※写真は『一本箸』

1-3 組・揃え・具で数えるとき

膳で数える箸は食事の際に“食べ物を口に運ぶ箸”とお話ししましたが、『組(くみ)』で数えるときは、料理を作るときに使用する「菜箸」や「火箸」を数える際に使われます。数え方は「ひと組」や「一具(いちぐ)」「一揃え(ひとぞろえ)」とも数えます。道具として使用する箸を数えるときに使われます。

2.箸の数え方の意味

食事で使用する箸の数え方は「膳」の単位を用いた数え方が一般的ですが、膳と数えられるようになったのは理由があります。日本の食文化の中、とりわけ鎌倉時代になると食事の作法が取り決められ、食事を提供するお膳が一般的となりました。このお膳には一つの箸が添えられているため、箸の数え方が「膳」になったといわれています。

3.まとめ

箸の数え方は、場面によって数え方がかわりますが、食事で使う箸か・道具として使う箸かで数え方が変わってきます。

場面によって数え方を使い分けるとスマートといえるかもしれません。