我が家の定番、おすすめのかき醤油は鰹節屋が選ぶ失敗しないだし醤油

私が今まで使ってきただし醤油の中で絶対おすすめできる1品、小豆島のマルキン醤油さんの「かき醤油」です。色々試した中で、特においしさを実感でき、今では我が家に常備されている1品です。

最初に卵かけごはんで試したところ、とにかく「おいしい、うまいね。」が家族の声でした。普段の醤油は少し塩カドを感じたのですが、こちらを使ってみたら非常にまろやかで味わい深く、コクのある旨みでおいしさをすぐに実感できました。

今まではお醤油を使い、調味料で味を整えたのですがこちらを使えばもう簡単にお料理が出来ます。

鰹節のプロであるだし屋がピンポイントでご紹介しますので是非お試しください。


1.鰹節のプロ、だし屋がおすすめするだし醤油

小豆島のマルキン醤油さんの「かき醤油」をおすすめします。

当たり前のことですがおいしいと実感できるからです。このおいしさの理由は味わい深く、コクのある旨みです。

1-1 かき醤油がおすすめの理由

おいしさの秘密はだし素材と旨みの素の足し算です。鰹節の旨み、牡蠣エキスのコク、魚醤の深い味わいがあるからです。その3つの素材は、

◆鰹節:旨み成分はイノシン酸で香り、味わいを生み出し、醤油のアミノ酸との相乗効果がでます。

◆牡蠣エキス:旨み成分はグルタミン酸で、味の深みとコクを生み出します。

◆魚醤:旨み成分はグルタミン酸です。かつお、まぐろ、いわし、いかなどを使い発酵させたもので旨みと塩味のある調味料で、凝縮された旨みは深い味わい、コクを生み出します。

魚醤:さかなを原料として、塩漬け発酵、熟成させたもので液体状の調味料です。秋田県の「しょっつる」、石川県の「いしる」、タイの「ナンプラー」、ベトナムの「ニョクナム」が有名です。非常に旨み成分のあるアミノ酸液です。

1-2 商品特徴

醤油をベースにして鰹節、牡蠣エキス、魚醤など、他調味料を使っています。お醤油と比べて塩カドがとれていて、お使いやすい仕上がりです。塩分は醤油が16%程に対して、10%程度です。

卵かけごはん、納豆、おひたしは直ぐにおいしさを実感できる使い方です。さらに楽しめる用途は炒めものも相性がいいですね。今人気上昇中の注目のひと品です。

1-3 おすすめの使い方

焼きうどん、卵かけごはん

これ1本あれば簡単に焼きうどんの完成です。出来上がりに花かつおをふりかけて、相性のよいトッピングで、さらにおいしくいただけます。

 

かけ醤油でお使いいただく卵かけごはんは定番の使い方で塩分を気にされる方には人気です。

1-4 商品紹介

【マルキン】かき醤油 減塩仕立て 200ml:だししょうゆ<郷土味紀行>            270 (税込 292)

360ml ペットボトル

1000mlペットボトル

<郷土味紀行>大人気!マルキン かき醤油

※ネット通販は送料がかかる場合があります。

ご家族が小人数の場合でも決して無駄にしない使いやすさ、お買い求めやすい価格もあり、人気商品の上位ランキングにも取り上げられ、おいしさの裏付けです。

スーパーでも販売されていて買いやすさもメリットです。ご紹介の150mlびんタイプはダイソーさんで購入しました。食卓の定番としておすすめできるだし醤油ですので是非お試しください。容量も豊富でご家族の人数に合わせて取り寄せができます。


2.まとめ

だし醤油のおすすめはかき醤油です。だしの定番である鰹節、昆布などを使ったタイプの他にもさらに味に深みとコクがプラスされた「かき醤油」をご紹介しました。だしの旨みと牡蠣エキスのコクで、旨い、おいしいが実感できます。色々と醤油がわりにお使いいただける万能型です。是非お試しいただきたい1品で、早速地元のスーパー、ダイソーさんに出かけてみてください。

 

無料Ebookプレゼント

家庭でも実践できる!
うま味が凝縮された
美味しい和食料理を作るための全知識

「もっと美味しい和食を作りたいけど、
なかなかコツが掴めない」と
悩まれていませんか?

和食は繊細な味付けが肝となりますが、そのコツがわからないと悩まれる方は驚くほど多いものです。

特に日本人である以上は美味しい和食を当たり前のように作れるようになりたいと思いますよね。

本冊子では、かつお節の専門家として長く和食に携わってきた私たちが、全ての日本人に知っていただきたいと考える

  • うま味を7〜8倍に引き上げる食材の組み合わせ
  • 素材のうま味を最大限引き出すだしの取り方
  • 「花かつお」と「かつお厚削り」の取り入れ方の違い
  • 誰でも実践できる温かみある和食特有の味付けのコツ

など、美味しい和食を作るための全知識を35ページに渡ってわかりやすくまとめました。
ぜひ、本冊子の知識をもとに美味しい和食を作ってみてください!