1番のおすすめは冷凍保存!鰹節を美味しく保つための2つのコツ

鰹節を使った後の保存に困った!風味が落ちた!なんて経験はありませんか?

実は鰹節って乾物なのに常温保管だと好ましくないのです。冷凍保管をお勧めします。なぜなら鰹節の敵は湿気と空気なのです。

正しい保存で鰹節をおいしく、安心、安全なままで食べたいですよね。

このページでは知っているようで知らない鰹節の保存方法をご紹介します。きっとこれを読んだ方は鰹節の保存について詳しくなり、今よりもっと鰹節を使うのが上手になっているでしょう。ぜひぜひご覧になって役立ててみてください。

1.鰹節の保存

 1-1鰹節の保存方法

1-1-①削り節の保存方法

鰹節の保存方法には「冷凍保管」、「常温保存」の2つの保存方法があります。
鰹節の保存方法についてたくさん勉強した私のおすすめ保存方法はズバリ・・・

削り節は空気抜きを行い、1回分の小分け包装にしての冷凍保管❕❕

それぞれの保存方法と保存できる期間についてこれから紹介します。

a.冷凍保管

ジップ付の袋にいれた鰹節の空気を抜いて保管します。(下図)この時に小分け包装にしておくとなお良いです。

これは鰹節が空気に触れる回数を減らすことになるからです。

保存場所は冷凍庫で保存します。それでは凍ってしまいすぐに使えないのでは?と思うかもしれませんが、鰹節の場合はもともと乾燥品で水分も少ない食品の為冷凍庫に保存しておいても水分によって固まる事は無いので使う時も冷凍庫から出してすぐに使用する事ができます。

これはもう冷凍庫で保管するに限る!です。

冷凍庫の場合、もちろん鮮度を保つ事においては優れているのですが使用回数が頻度を増すと出し入れした時に冷凍後の鰹節と外気温との温度差により結露をおこし袋内の結露による湿気が鰹節を痛めてしまう原因ともなりえますのでご注意下さい。

これを防ぐ為にも小分け包装にしておくという事です。

開封してからおいしく召し上がる為の保管期間としては6ヵ月程が良いでしょう。

空気抜きに関して・・・

 使用後は上記のように空気を抜いて保存する事でかさばる鰹節もコンパクトに収まり保存場所も取られる事はありません。使用する時も鰹節の水分が少ないので凍ってしまう事はないので使いたい時にすぐに使用する事ができます。保管方法として1回分の使用量を小分けにして保存をしておくのがおすすめです。

b.常温保管

市販で売られている鰹節は基本的に「窒素封入」がされており袋の中では袋に記載されている賞味期限内であれば酸化を防ぎ、味、風味を損なわず冷暗所であれば常温保管でも保存する事ができます。

空気が大量に入っている様に見えますが中に入っているのは窒素であり、これは鰹節の酸化を防ぐ役割をしています。一度開封してしまった鰹節において常温保管は絶対的にNGです。

いくら保存する際にタッパーやジップロックなど密封性が高い物で保存してあったとしても常温では時間と共に鰹節が傷み、確実に風味が損なわれてしまいます。3日も経つと香りも無くなり食べると酸味があり臭いです。

冷凍保管、常温保管どちらの状態であっても特に注意したいのが水分には注意する!と、いうこと。「開封前」であっても中が蒸れる状態は保存上非常に良くないです。水分に触れさせない!というのがポイントですので是非実践してみてください。

開封したての削り節

酸化した削り節           

1-1-➁鰹節(節の状態の物)の保存方法

鰹節(節の状態の物)の保存は冷蔵保存がおすすめです。

理由としては冷凍保存をすると節が硬くなります。

そうすると削る際にきれいな削りにならなかったり削る事が困難になる事があるからです。

1-2鰹節の保存期間について

市販で売られている鰹節には使用期限や賞味期限などが記載されています。これはあくまで鰹節が「未開封」であることが条件です。鰹節が「未開封」であれば期限内であれば全く問題ないです。

ですが一度開封してしまうと中に入っている鰹節が酸化して時間が過ぎるに伴い鰹節の風味、色が失われていき実際には袋に記載されている期限内であってもその期限はあてにはなりません。使用可能かどうかは風味、色を別として基本的にカビや異臭がしなければ使用は可能です。

削りたての鰹節は風味も高く色も非常にキレイです。しかしながら酸化・湿気により時間が経つほど鰹節を痛めてしまい、いくら正しい保管をしてもいつまでも持つとは限りません。開封後は惜しまずふんだんに使用するのがおいしい鰹節を召し上がるに望ましいです。

鰹節保存期間 相関図

 

赤色の線で鰹節の色の良し悪しを表しています。

青色の線が鰹節の風味の良し悪しを表しています。


(当社調べ)

色に関しては常温保管と同様3日程で落ちてしまいますが、風味に関しては鰹節の香りもよく残っており味も削りたてに比べたら若干落ちますがそれも分からない程度です。私は鰹節を半年間程この保存方法で使用していますが全く問題なくおいしく食べています。

(当社調べ)

常温保管をして3日たった物を食べてみた結果。
色は酸化して黄色みがかっていて味も口に入れると酸っぱく異臭がします。
菌検査での問題はありませんでした。

2.未開封と開封後の鰹節の状態の違いは?

 先ほども紹介したように「未開封」ですと市販の鰹節にはほとんどの物に「窒素封入」がされており鰹節の酸化を防止するので製造日から半年は風味を損なわず安心して召し上がれます。

「開封後」は窒素封入がされてあった鰹節ですが一度開けてしまうとそこから空気に触れて鰹節の酸化は進行していき腐敗の原因となります。賞味期限の表記は「未開封」の状態であればという事を覚えておいてください。
   

鰹節を開封後常温にて放置しておくといずれこのようにカビが生えます。
さすがにこれは食べられないですね。
この写真のようにならない為にも保存には注意したいです。

3.鰹節(原料)の保存について

鰹節は自分で削る! そんなあなたへ


 
鰹節に賞味期限はありません。正しい保管をしていれば2年だって保ちます。

では正しい保管とは・・・?

悪性カビを付けない為に原料節を冷蔵保管します。
何故冷蔵庫に入れて保存をするのかというと悪性カビが発生する要因は「水分」「温度」「空気」「栄養」とあります。

ですがこの内1つでも欠けていれば悪性カビの発生を防ぐ事が出来ます。ラップを巻くだけという方もいますが是非冷蔵保存までして頂けたらと思います。

カビの発育しやすい温度は通常、20~30度で、30度以上になりますと、発育は抑えられますし、20度以下でも同じです。
このようにして保存しておくことでカビの発生を抑えいつでも衛生的な状態の鰹節で削る事が出来ます。
これだけやっておけばもう心配はいりません、完璧です。

まとめ

・残ってしまった鰹節は空気を抜いて冷凍保管をしよう
・常温保管と冷凍保管では風味の持ち方が全然違う事
・保管場所は高温多湿をさけ、正しく保管をして鰹節を傷めない様にしよう
・賞味期限はあくまで開封前の目安だという事

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!