妊婦さんも安心。鰹節に含まれる水銀を気にしなくて良い理由

鰹節には妊婦が摂取して胎児に影響するほどの水銀は含まれておりません。

妊婦さんはお腹にいる大切な赤ちゃんのため、食生活にも人一倍気を使いますよね。
マグロなどの一部の魚介類を食べすぎると、魚が体内に蓄えている水銀が胎児の発育に悪影響となるといわれています。

表1 妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項 厚生労働省

摂取量の目安

魚介類

2ヶ月に1回以下(10g程度/週)

バンドウイルカ

2週間に1回以下(40g程度/週)

コビレゴンドウ

1週間に1回以下(80g程度/週)

キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチ、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラ

1週間に2回以下(160g程度/週)

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ

厚生労働省が注意喚起している、「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項」では注意する魚にカツオや鰹節について説明されていませんが、これらは安全なのでしょうか。
鰹節は日本人の食生活と深くかかわる「だし」に使用されており、冷奴やおひたしで削り節をそのまま食べることもあります。好みにより、頻繁に口にする機会のある食材です。
では鰹節にはどの程度の水銀が含まれ、そして胎児への影響はあるのでしょうか。

結論から言えば、鰹節は水銀を気にする妊婦にとって注意しすぎる必要はない食材です。
この記事では鰹節に含まれる水銀量を調査し、鰹節や鰹だしが安全あることを説明します。
安心して鰹節、鰹だしを活用し、健康的な食事で赤ちゃんをすくすく育てましょう。


1 鰹節には胎児に影響するほどの水銀は含まれていない

鰹節には、妊婦がかなり食べすぎなければ、胎児に影響するほどの水銀は含まれていないといえるでしょう。

食べすぎの目安は、1週間に

・かつお削り節パック90個

・みそ汁50杯

です。こんなに食べられませんよね。
鰹節には、鰹節だけを偏って食べても胎児に影響するほどの水銀は含まれていないのです。
ただし、鰹節にも水銀は含まれておりますので、他の注意すべき魚と合わせて摂取しすぎることがないように、気を付ける必要があります。

1-1 鰹節に含まれる水銀量

鰹節に含まれる水銀量は以下の表のとおりです。

表2 鰹節、鰹節製品等に含まれる水銀量

製品

水銀量

鰹節 1グラム(※2)

0.14μg

生カツオ 1グラム(※3)

0.15μg

生クロマグロ 1グラム(※3)

0.49μg

鰹節1グラムには0.14μg(マイクログラム)の水銀が含まれています。
妊婦が注意すべき生のクロマグロ1グラムあたりには0.49μgの水銀が含まれております。
対して生のカツオ1グラムあたりには0.15μgの水銀しか含まれておらず、生のカツオ自体の水銀量もマグロに対して3分の1以下です。
さらに、鰹節の製造過程では水分が失われ逆に栄養成分の多くが3倍以上に濃縮されるのです(※4)が、生のカツオ1グラムに0.15μg含まれていた水銀は、鰹節1グラムでは0.14μgと、水銀が濃縮されておりません。

鰹節にふくまれる水銀は1グラムあたり0.14μgです。

1-2 鰹節削り節の水銀量

鰹節の削り節は一週間に削りパック90個までなら、食べても胎児に影響が出ないとされます。

表3 削り節を1週間に食べてもいい目安量

1週間に摂取しても問題ない目安水銀量

クロマグロと鰹節の比較

39.2μg

生クロマグロ 80グラム

鰹節削り節 280グラム

かつお削り節パック約90個(3g入×90=270g)

表3の様に、クロマグロ80グラムを鰹節に置き換えると280グラムです。
鰹節280グラムはスーパーなどに売っているかつお削り節パック(3g入)を90個以上です。
一週間に90パックも食べませんよね。

鰹節の削り節は一週間に削りパック90個までなら、食べても胎児に影響が出ないとされます。

1-3 かつおだしの水銀量

かつおだしは一週間にみそ汁50杯分までなら、食べても胎児に影響が出ないとされます。

表4 かつおだしを1週間に食べてもいい目安量

1週間に摂取しても問題ない目安水銀量

クロマグロとかつおだしの比較

39.2μg

生クロマグロ 80グラム

かつおだし 約7.5リットル

みそ汁約50杯(150mℓ×50=7.5ℓ)

クロマグロ80グラムに相当する鰹節280グラムからとれるだしは、7.5リットルです。
標準的なだしは800mlに30グラムの鰹節を使用します。計算すると、280グラムの鰹節からは約7.5リットルのかつおだしがとれることになります。
1杯150mlのみそ汁なら50杯分となります。
一週間に50杯も飲みませんよね。

かつおだしは一週間にみそ汁50杯分までなら、食べても胎児に影響が出ないとされます。


まとめ

妊婦さんが鰹節をたくさん食べただけでは胎児に影響する水銀の心配はありません。

厚生労働省の発表では、クロマグロは一週間に80グラム程度を目安に、食べすぎに注意しましょうとしています。このクロマグロにふくまれる水銀量を鰹節に置き換えると、鰹節280グラムとなります。
鰹節280グラムはスーパーなどに売っているかつお削り節パック(3g入)を90個以上です。
また、280グラムの鰹節からとれる「鰹だし」は約7.5リットルです。なんとお味噌汁約50杯分です。
鰹節、かつおだしだけでは胎児に影響するほどの水銀を摂取することにはならないでしょう。

ただし、鰹節にも水銀は含まれております。クロマグロなどの水銀が多く含まれた注意すべき他の魚介類の食事に十分気を付けた上で、鰹節を料理に活用するようにしましょう。

バランスの良い食事を心掛け、鰹節、鰹だしを積極的に活用して赤ちゃんをすくすく育てましょう。

※1 妊婦への魚介類の摂取と水銀に関する注意事項について【Q&A】 
薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 乳肉水産食品部会
※2 水産加工食品中の総水銀・メチル水銀に関する実態調査
西村一彦 北海道立衛生研究所報
※3 国内で流通する魚類の総水銀及びメチル水銀含有実態調査
農林水産省
※4 食品成分データベース 文部科学省

無料Ebookプレゼント

家庭でも実践できる!
うま味が凝縮された
美味しい和食料理を作るための全知識

「もっと美味しい和食を作りたいけど、
なかなかコツが掴めない」と
悩まれていませんか?

和食は繊細な味付けが肝となりますが、そのコツがわからないと悩まれる方は驚くほど多いものです。

特に日本人である以上は美味しい和食を当たり前のように作れるようになりたいと思いますよね。

本冊子では、かつお節の専門家として長く和食に携わってきた私たちが、全ての日本人に知っていただきたいと考える

  • うま味を7〜8倍に引き上げる食材の組み合わせ
  • 素材のうま味を最大限引き出すだしの取り方
  • 「花かつお」と「かつお厚削り」の取り入れ方の違い
  • 誰でも実践できる温かみある和食特有の味付けのコツ

など、美味しい和食を作るための全知識を35ページに渡ってわかりやすくまとめました。
ぜひ、本冊子の知識をもとに美味しい和食を作ってみてください!

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!