だし汁1カップって? そのだし汁作りと1カップの作り方を簡単解説

だし汁1カップとお料理レシピによくありますが 何ccなのかわかりづらいですね。また、このだし汁は何を使えばいいのか疑問に感じていませんか。この記事は簡単に、わかりやすく説明していきます。

1.だし汁1カップは200cc

お料理で液体の量を1カップで表す場合200ccが一般的です。レシピにある1カップは200ccと覚えていただければ大丈夫です。

 

目盛り200mlまで注がれています。これが1カップです。

だし汁の1カップの量は200cc(200ml)です。重量に置き換えると200gになります。しかし、お料理の最中にだし汁の重さはかることは非常に面倒ですね。そこでカップを使い、すぐに計量ができるよう1カップとしているわけです。

2.レシピ本のだし汁は何のだし汁?

よくお料理のレシピ本でだし汁1カップとありますが、何のだし汁かわかりづらいことがあります。

「○○のだし汁を準備。」としたレシピ本もありますが、基本は鰹節、または昆布で取っただし汁と思ってください。また、鰹と昆布の合せだしもあります。

簡単なだし取りの手順をご紹介します。

【花かつおのだし取り手順】

  かつおだし

①水1000ccを鍋に入れ、沸騰させます。

②沸騰したお湯に花かつお40gを入れて、湯に浸す状態にし、また直ぐに煮立ちますので、ここで火を止めます。

 ポイント:ぐつぐつと煮立たせないでください。

③約2分そのまま放置してください。

④だし汁とだしがらを取り分けます。

⑤かつおだしの完成です。

【昆布のだし取り、時間短縮の手順】

 こんぶだし

昆布は水に浸して、30分程の水だしの後に出す方法が一般的ですが、ここでは時短でご紹介します。

水1000cc、昆布10g・・・昆布の量は水に対して1%です。

①1000ccの水に昆布を入れて、火にかけます。

②沸騰する直前で昆布を取り出してください。

③昆布だしの出来上がりです。

お料理のメニューによっては前もってだし汁が必要になりますね。でも、時間がない!だし取りが面倒だ!

そんな時、簡単にだし汁ができる代用品があります。

3.だし汁作りは簡単!おすすめは”だしの素”

簡単に1カップのだし汁ができます。それは、だしの素(風味調味料)を使えばすぐにだし汁ができます。

3-1 だしの素で1カップのだし汁を作る

水、またはお湯200ccに、だしの素を小さじ1/2杯でだし汁の完成です。

だし汁200ccを作る 

準備するもの ①水200cc ②だしの素約2g

小さじ、すり切り1杯は約4gです。お使いになるメニューによっては、だしの濃さを調整することが必要ですので、濃すぎないように1/2杯からで十分です。

※各メーカー様の配合比などで、だしの素の使用基準量に違いがありますので、目安でご紹介しています。

“使い方のコツ”

  • 鍋で煮ものをしている場合など、水にだしの素を入れて、鍋に注げばそれでOKです。溶けていなくても大丈夫です。

  • だし汁として1カップ必要な場合、お湯に溶かして準備してください。

【参考】だしの素

だしの素鰹あじ 80gポリ | 商品情報 – 東洋水産株式会社

だしの素 | 商品情報 | マルトモ株式会社

だしの素 ヤマキ

だしの素 味の素

だしの素 シマヤ

4.まとめ

だし汁1カップは200cc(200ml)とおわかりいただけましたでしょうか。

また、だし汁の中身は何を使えばいいのかわかりづらかったですが、お料理の最中でも、すぐにほしいだし汁1カップの作り方もだしの素でご紹介しました。この記事をきっかけに、是非本格的なだし取りもお試しになってください。

 

 

”ふわっ”と とろける一日限定10セットの極上ふりかけ

1万本に1本と言われる最高級鰹節を、口に入れた瞬間、とろけるぐらいの薄さに削り、秘伝と味付けをして手間暇かけて作られた鰹節ふりかけ「口どけ」。

職人達が”敢えて”手間暇かけて作り上げている為、なんとご注文いただいてからあなたのお手元に届くまでに最低でも2週間。

ご注文が立て続けに増えますと、何と1ヶ月以上お待ちいただく事もございます。1日僅か10セットの限定販売。ぜひお求め下さい。

\ 全国からのたくさんのお声をいただき、ありがとうございます!! /

”柔らかい舌触りと予想を裏切る美しさ”
口どけをいただきました。まず驚いたのが、その色です。味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。

”生まれて初めての体験”
これは面白い商品ですね!食べた瞬間ふわっと鰹と味醂の甘みが広がるんですが、噛むと全くふりかけの食感を感じないんです。本当に口の中で溶けていくんですね。 面白かったし美味しかった!これならご飯も進みますね!

”絶妙な甘辛い味付けが食欲をそそりました。”
 本当に魚の臭みがなく、口にも残らないので、子供にも食べやすい一品です!!